相続手続きの流れ:相続人の調査

相続手続きを進める上で、話し合いの相手となる相続人の調査は避けることができない手続きです。両親のいずれかが死亡した時などは、その子供が相続をすることになりますので、誰が対象となるかが分かりやすいです。近年では子供の数もそれほど多くないため、数人で話し合って遺産分割をすることも十分可能です。

 
しかし、例えば不動産など、何代にもわたって相続登記をしていなかった場合に、遺産分割について話し合わなければならない相手が非常に多くなります。この場合には、全く面識のない人も多数存在しますので、通常は司法書士に依頼をして遺産分割に同意をしてもらい、遺産分割協議書を受け取って登記をするという流れになります。

 
遺産分割協議書には、相手方の実印の押印や印鑑証明書も必要になりますので、それらの費用は負担することがほとんどです。また、不動産ではなく、持分に該当する金銭を希望する人もいますし、持分が少なくても不動産の取得を希望する人もいますので、話し合いで収拾がつかなくなった場合には、訴訟で判決を取ることもあります。このようなトラブルをなくすためにも、できるだけ相続登記は大が変わったら毎回行っておいた方がよいでしょう。